サービス一覧

サービス一覧

sp content nav HMTの発表論文・総説
Basic Scan
ベーシックスキャン
ベーシックスキャンでは、メタボローム解析で得られたデータの中から、HMTのライブラリに登録された約900の代謝物質の情報を抽出し、解析結果を報告します。
ライブラリは主要代謝物質の大部分をカバーしており、基本的な代謝変化のモニターやメカニズム解析に最適です。研究を一歩進めるためのベースとなる代謝情報を得ることができます。
主な用途 多くの生物種に存在する一次代謝における代謝変化の把握
代謝物質・経路同士の新たなネットワークの探索
解析対象 約900 個のイオン性代謝物質
動植物の一次代謝を構成する内因性の代謝物質: 糖リン酸・アミノ酸・核酸・有機酸 など
> 併せて脂溶性、中性物質の代謝も見たい方はこちら
検出物質数*1 血液、尿: 100 ~ 150
動植物組織 :200 ~ 250
培養細胞:150 ~ 250
報告値 相対面積値
報告書 検出されたピークの検出値(標準化面積値)、それらのデータを用いた群間比較結果を報告します。
統計解析・
パスウェイ解析*2
2検体以上無料
納品までの目安期間 20~60日
オプションをご覧になりたい方はこちら
*1 解析試料種や条件によって結果は異なります。
*2 追加解析は有料となります。
ベーシックスキャンのメリットは?
ベーシックスキャンは検出されたピークのうち、アノテーションされたピークだけをレポートする一次代謝のプロファイルをリーズナブルに確認するのに適したプランです。

そのため、代謝物名が不明なピークの情報もご希望のお客様にはアドバンストスキャンをお勧めします。一方で、主要代謝経路を研究対象としておられるお客様にとっては、膨大な量の解析データの中から不要なピークをそぎ落としたデータがレポートされ、かつ低価格でメタボローム解析を行っていただけるプランとなっています。
ライブラリにはどんな代謝物質が登録されていますか?
アミノ酸、ヌクレオチド類、ヌクレオシド、リン酸化有機酸、核酸塩基、CoA類、有機酸、ニコチンアミド補酵素などです。ライブラリに登録された代謝物質の詳細なリストをご用意しております。お気軽にお尋ねください。
何検体から注文できますか?
ベーシックスキャンは1検体からお請けしております。検体数によってボリュームディスカウントもご用意しておりますのでお気軽にお見積りをお申し付けください。
BASIC SCANを利用してこんな論文が発表されています
Integrated genomic and functional analyses reveal glyoxalase I as a novel metabolic oncogene in human gastric cancer
F Hosoda, Y Arai, N Okada, H Shimizu, M Miyamoto, N Kitagawa, H Katai, H Taniguchi, K Yanagihara, I Imoto, J Inazawa, M Ohki and T Shibata Oncogene., 34(9): 1196-206, 2015
がんエネルギー代謝ベーシックスキャン培養細胞
Plasma and Liver Metabolic Profiles in Mice Subjected to Subchronic and Mild Social Defeat Stress.
Goto T, Kubota Y, Toyoda A J Proteome Res., 14(2): 1025-32, 2015
社会的ストレスが浸透圧調節および炎症に関連する代謝産物濃度に影響を与えている
ストレスベーシックスキャンマウス尿肝臓血液
Antimicrobial peptide FF/CAP18 induces apoptotic cell death in HCT116 colon cancer cells via changes in the metabolic profile.
Kuroda K, Fukuda T, Isogai H, Okumura K, Krstic-Demonacos M, Isogai E Int J Oncol., 46(4): 1516-26, 2015
抗菌ペプチドFF/CAP18は、代謝プロファイルの変化を介し、HCT116結腸癌細胞におけるアポトーシス細胞死を誘導する
がんベーシックスキャン培地培養細胞
ベーシックスキャンに関する論文一覧はこちら
脂溶性、中性物質も見たい方は・・・
デュアルスキャン
DUAL SCAN デュアルスキャン
ベーシックスキャンに脂質代謝のモニタリングを加え、
網羅性を高めたプランです。
さらに約300物質の解析ができます。
デュアルスキャンのメリットは?
デュアルスキャンは検出されたピークのうち、アノテーションされたピークだけをレポートする一次代謝および脂質代謝のプロファイルをリーズナブルに確認するのに適したプランです。
どれくらいのピークが検出されますか?
検出されるピークは試料によって異なりますが、一般的に血液では180~200、動植物組織では250~300、培養組織では200~300が検出されます。
何検体から注文できますか?
デュアルスキャンは1検体からお請けしております。検体数によってボリュームディスカウントもご用意しておりますのでお気軽にお見積りをお申し付けください。
DUAL SCANを利用してこんな論文が発表されています
Prominent steatosis with hypermetabolism of the cell line permissive for years of infection with hepatitis C virus.
Sugiyama K, Ebinuma H, Nakamoto N, Sakasegawa N, Murakami Y, Chu PS, Usui S, Ishibashi Y, Wakayama Y, Taniki N, Murata H, Saito Y, Fukasawa M, Saito K, Yamagishi Y, Wakita T, Takaku H, Hibi T, Saito H, Kanai T PLoS One., 9(4): e94460, 2014
C型肝炎持続感染培養肝細胞を用いたC型肝炎肝脂肪蓄積における肝代謝異常の解明
デュアルスキャンマルチオミクス培養細胞肝炎
Non-targeted human plasma metabolomics reveals the changes in oleoylethanolamide, a lipid-derived signaling molecule, by acute exposure of electric field.
Nakagawa-Yagi Y, Hara H, Fujimori T, Yamaguchi T, Midorikawa A, Hara A Integr Mol Med, 1(2): 29-37, 2014
デュアルスキャンバイオマーカーヒト血液
Increased metabolite levels of glycolysis and pentose phosphate pathway in rabbit atherosclerotic arteries and hypoxic macrophage.
Yamashita A, Zhao Y, Matsuura Y, Yamasaki K, Moriguchi-Goto S, Sugita C, Iwakiri T, Okuyama N, Koshimoto C, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Kuge Y, Asada Y. PLoS One., 9(1): e86426, 2014
低酸素が引き起こす代謝変化
ウサギデュアルスキャンベーシックスキャン組織
デュアルスキャンに関する論文一覧はこちら